読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようあうぇyh類ゑ魚rwいぇ朗居yゑ憂いryウェイうry

今日y方位yw絵瓜生イオwいぇ朗qwいぇ類尾yくぅいえ留意くぇy理魚qwいぇhr憂い尾wくぇいうrゐ厭離うゑry不意ゑ理うゑるゐ絵y類尾ゑyrいう

女子アナの安全も心配 TV各局が恐れる「リオ五輪」の地獄

現地5日(日本時間6日)に開会式を迎える、リオデジャネイロ五輪。日本の各テレビ局は4年に1度の「お祭り」を直前に控え、沸きに沸いているかと思いきや、なぜか局内は静まり返っているという。ある民放のスポーツ局関係者は「こんなことは、過去に例がないですよ」と言って、こう続ける。

「現地では、選手や日本人が強盗に遭ったとか、事件のニュースばかりでしょ。とてもじゃないですが、今のリオは五輪を開催できるような状態ではない。開会式が目前に控えているというのに、みんな現地行きを嫌がり始めた。ある局は、誰もがリオ行きを嫌がるため、仕方なくくじ引きで担当者を決めたそうです」

 選手のみならず各局スタッフ、幹部らを震え上がらせたのは、6月17日に発令されたブラジル・リオデジャネイロ州の非常事態宣言だ。この期に及んで、深刻な財政危機を理由にリオデジャネイロ市の治安や交通といった公共サービスに責任が果たせないと開き直ったのだ。

 先月には、凶悪犯罪増加による命の危険と給料の遅配に悩まされるリオ警察と消防士の労働組合が国際空港ロビーで「welcome to hell(地獄へようこそ)」という横断幕を掲げ、世界中のメディアに取り上げられた。結果、各テレビ局の五輪中継スタッフは自分たちで安全を確保するしか手段がなくなったのだ。

「だから、現地で武装した警備員を雇うしか方法がないのです。しかも、移動する手段は車しかない。制作費に余裕があるNHKは軍用装甲車をチャーターしたなんて話も出ています。民放局はバスを借りるのが関の山だし、女性スタッフも多いため苦労は尽きない。制作費削減のために連れてきた女子アナの身が心配ですよ」

 NHKに聞くと、「軍用装甲車をチャーターしたという事実はありません」との答えだったが、業界でそんな話が出るほどリオの治安が問題視されているということだろう。

■民放は完全な大赤字

 ジカ熱を媒介する蚊の対策にも四苦八苦だ。

「日本から蚊取り線香や虫よけスプレーなどを大量に持ち込んでも、果たして現地の蚊にどこまで効果があるのかはわからない。特に女性は、小頭症の子が生まれる恐れがあるため細心の注意が必要。ジカ熱を理由に日本男子ゴルフの松山英樹らが相次いで辞退した。女子アナや女性スタッフに万が一のことがあったら……と気が気ではありません」

 というわけでセキュリティーや宿、蚊対策などの出費でリオ五輪の制作費はどんどん膨らんでいるという。

「今回のリオ五輪の中継権はソチ五輪と合わせ日本のテレビ局の負担分は約360億円ともいわれている。NHKが6割以上を負担し、残りを民放で分担する。そこに制作費が上乗せとなるんですから、民放局は完全な大赤字ですね」

 選手も報道陣もリオから無事に帰ってこられるのだろうか……。

http://i.anisen.tv/faeuoaeo/
http://faeuoaeo.mori8.jp
http://faeuoaeo.i-mito.com