読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようあうぇyh類ゑ魚rwいぇ朗居yゑ憂いryウェイうry

今日y方位yw絵瓜生イオwいぇ朗qwいぇ類尾yくぅいえ留意くぇy理魚qwいぇhr憂い尾wくぇいうrゐ厭離うゑry不意ゑ理うゑるゐ絵y類尾ゑyrいう

女子アナ 夏の人事異動で明らかになった勝ち組と負け組

7月は人事異動の季節。テレビ業界でも番組改編に伴う女子アナたちの“人事”が行なわれ、“勝ち組”と“負け組”が鮮明になっている。

 フリー転身を機に大ブレイクを果たしたのは元日テレの上田まりえ(29)だ。“女子アナ嫌い”で知られるマツコ・デラックスに気に入られ、TOKYO MX5時に夢中!』のレギュラーの他、『踊る!さんま御殿!!』や『ダウンタウンDX』など、数々の人気番組にひっぱりだこで、まさに“勝ち組”といえる。

 一報、夏の人事異動で“負け組”となってしまったのが、NHK有働由美子アナ(47)だ。

NHK史上初の女性理事を目指しているといわれる彼女にとって目下の目標はエグゼクティブアナウンサーへの昇進だったが、今回の人事異動では見送られた。以来、張り詰めていた気持ちが緩んだようです」

 7月15日放送の『あさイチ』で、デートの際、下痢なのにゴルフの打ちっぱなしで息み、下着を汚したという体験を告白して、視聴者からの抗議が殺到。この放言も“気の緩み”のせい?

 視聴率三冠王をひた走る絶好調の日テレでは大黒柱・水卜麻美アナ(29)が相変わらず“一人勝ち状態”。一方、葉山エレーヌアナ(34)には厳しい夏となった。

「インターネット事業部へ異動となりました。アナウンス部との兼任ですが、ナレーションか短いニュースを読む程度の仕事しかなく、事実上の“女子アナ引退勧告”です」

『お昼のANNニュース』や『ワイド!スクランブル』(ともにテレ朝系)のニュース担当にサプライズ起用されて3か月のテレビ朝日下平さやかアナ(43)も絶好調だ。

「すっかり“お局”となっていた下平さんの扱いに局側も困っていたが、上層部の鶴の一声でニュースへ大抜擢。局内のやっかみも少なくなかったが、蓋を開けてみたら、アナウンス技術も安定していて評判は悪くない」

 一方で「エース候補」と期待されていた竹内由恵アナ(30)の評判は芳しくない。

「本人は報道希望だが、30歳を超えてもアイドルアナっぽさが抜けない。『表情が作れず人形みたいだ』と酷評されている」

http://fhaoeuroa.tsuchiura.net
http://fhaoeuroa.i-mito.com
http://fhaoeuroa.i-ibaraki.jp
http://fhaoeuroa.tsukuba.biz

愛犬の遺体公開で批判殺到の藤原紀香に「炎上の神様」の称号!?

全国ツアーが始まったミュージカル「南太平洋」でヒロイン役を演じている藤原紀香。舞台では梨園の妻でありながら、色っぽい衣装で登場して話題となっているが、そんな彼女のブログがまたもや炎上騒ぎを起こしている。

 問題となったのは、7月25日に「天国へ。。。ありがとう。。。」とタイトルで更新されたブログの内容について。そこで紀香は長年飼っていた愛犬が亡くなったことを報告している。悲しみのコメントと共にアップされていたのが亡くなった愛犬の写真。これを見たネットユーザーから「犬の死骸の写真を載せるなんてありえない」とその行動に非難が殺到したのだ。

「写真では友人のデザイナーが選び、母が手作りした“お船”と呼ぶ棺に入った愛犬の姿が写しだされていました」

 これについてネット上では、「さすがに気持ち悪い」「撮るのは勝手だけど、ネットにアップするなよ」と拒否反応を示すコメントが連打されたが、本人はここまで非難されるとは予想外だったに違いない。

 とはいえ、紀香のブログはこれまでもたびたび“炎上”している。

熊本地震が起きた時は、ブログでまるで熊本の人間が神から罰を与えられていると誤解されるような書き込みをしてしまいバッシングの嵐に。後日、一部を削除したものの非難はしばらく収まりませんでした」

 ブログだけではない、昨年の7月にNHK BSプレミアムで放送された主演ドラマ「ある日、アヒルバス」での番組PRで役どころを聞かれたときにも、「本当にボロボロの女性です。底辺にいる藤原紀香が観られますよ」と答え、これまた大ブーイングを受けている。

「このドラマは職を失った40代独身女性が主人公。このコメントが“無職独身アラフォー女性=底辺”発言だとネット上で大炎上を起こしたのです。こんなことばかり続いて、一部では紀香のことを『炎上の神様』と呼ぶ者もいます」

 自身の行動が原因で、ありがたくないネーミングまでつけられた紀香。こんなに騒動を起こしていては、梨園の妻の地位も危ういのでは?

http://fhaoeuroa.tsuchiura.net
http://fhaoeuroa.i-mito.com
http://fhaoeuroa.i-ibaraki.jp
http://fhaoeuroa.tsukuba.biz

【エンタがビタミン♪】ローラと三代目JSB・登坂広臣の交際報道 ファンの願いは「本人の口から真実を!」

8月4日早朝のニュースサイトで報道されたモデルでタレントのローラと、三代目 J Soul Brothers登坂広臣の交際報道を、両方のファンはどう受け止めているのか。両方のインスタグラムに寄せられているコメントは、2人の交際を「美男美女同士でお似合い」と心から喜んでいるファンも多いが、一方で「ショックで涙が止まらない」と悲痛な声もあがっている。

「ローラ、登坂広臣のマンションに通い愛」とはかなりショッキングな見出しだが、2人は20代後半の独身同士。決して後ろ指を指される恋愛では無いのだが、これだけの有名人カップル誕生となればやはり世間は大騒ぎとなっている。

『ローラ rolaofficial Instagram』では「恋愛は自由、幸せになってね~」「お似合いやし、臣ファンやけどローラのことも大好き」「ローラ何言われても頑張って」と2人の交際を歓迎し、応援する声が大半だ。だが『登坂広臣3jsb_hiroomi_tosaka Instagram』には相手の女性が誰かという問題ではなく、このような熱愛スキャンダルが持ち上がったことにショックを受けているファンが少なくない。「朝からずっと泣きっぱなし」「ショックすぎて、ご飯が食べれない」「男前やし彼女くらいはいるのわかるけど、プロなんだし隠してほしかった」「私たち未成年からしたからキツすぎます」と沈痛な内容のコメントが並んでいる。

2人のファンに共通しているのは「本人の口から、真実が聞きたい」という願いだ。週刊誌の記事や所属事務所の見解ではなく、ローラや登坂広臣の言葉で説明してもらうことをファンは待っているのだ。

http://www.mypress.jp/u/hfaoeuorao/
http://hfaoeuorao.shimotsuma.jp
http://gameport.jp/user/12161/blog/5049/

AKB48握手会でメンバーのプレミアアイテムを巡ってファン同士の大乱闘が勃発!

楽しいイベントの裏ではファン同士の熾烈な戦いが繰り広げられていたようだ。

 7月31日にナゴヤドームAKB48のチーム8が全国握手会を開催。AKB48のチームの中では一番フレッシュな同チームは最近人気が急上昇中で、同イベントではメンバーとの握手の他にも、ミニライブや直筆メッセージカードの配布などもあり、ファンはおおいに満足したようだ。

 しかしそんな中、ミニライブ中にファン同士のトラブルが起こっていた。

「ライブ中にメンバーが観客席に向けてサインボールを投げるファンサービスがあり、そのボールをゲットしようとしたファンの手が近くにいた別のファンの顔面に当たってしまった。それが発端でファン同士のケンカに発展。周囲にいたファンがその様子を動画でツイッターにアップしたことで、かなり話題になっています」

 ケンカがエスカレートし、片方のファンが途中でパイプ椅子を持ち上げて反撃しようとしたところを警備員につまみ出されてしまったようだ。ツイッター上には「サインボール取り合いがガチすぎてヤバかった」「キャッチしようとしたら右手の指を思いきり変な方向に曲げられて多分骨折した」などの物騒なツイートも見受けられている。

「ほかのエリアでも同様の騒動が起きていたようです。サインボールだけでなく、サイン色紙を観客席に投げるサービスをする場合もありますが、その時もファン同士が奪い合って色紙がグチャグチャになってしまうことも多い。安全面を考慮してサインボールの投げ入れ自体を行わないグループも増えていますが、このサービスは廃止したほうがいいかもしれませんね」

 愚かな争いはイベント自体をぶち壊す行為。とはいえ、譲り合って‥‥というのも難しそうだが。

http://www.mypress.jp/u/hfaoeuorao/
http://hfaoeuorao.shimotsuma.jp
http://gameport.jp/user/12161/blog/5049/

有村架純の胸が急成長!隠れた「大きなバスト」女優はこの人!

「きっと脱いだらスゴい胸なのでは‥‥」

 テレビ、映画、雑誌など数多のメディアを見ながら世の男性諸君が妄想をかきたてるのは、何もグラドルだけが対象ではない。ドラマで女優が時折見せる胸元、あるいは服の上からでも、2つのふくらみに視線を送っては隠れた魅力を評価しているのだ。

 NHK朝の連続テレビ小説あまちゃん」の出世頭も、魅惑的な胸で男性ファンから支持を得ている。

有村架純は、もともと胸が大きいイメージはなかったはずですが、人気が急上昇してテレビ出演が増え、視聴者の目に留まる機会が増えたこともあるのでしょう。最近になって大きくなっているのではと成長が噂されています。来春の朝ドラでの主人公も決まりましたから、ファンも期待に胸ふくらむ思いでしょう」

 同じく朝ドラの主演を務めた土屋太鳳も、一人前の女優として胸を張れる自信がついたようだ。

「彼女も出演作品が増え、様々な衣装で目にすることが増えたことで胸に注目が集まるきっかけになった理由の1つです。もともと小柄でムッチリした体型でしたが、体育大学在学中で体を動かすことが大好き。まさに今、健康的で女性的なボディラインが作り上げられている真っ最中と言えるでしょう」

 持ち前の女優魂で、いつかその大らかな胸をプリンと披露してくれるのではと、ファンが胸を高鳴らせているのが二階堂ふみだ。

「若手の演技派で、体当たりの役柄もこなす数少ない女優です。これまで、ヒップの露出はありましたが胸はまだ。小柄でスレンダーなので推定83センチでも存在感は十分。隠しておくにはもったいない美しさです」

 8月3日発売の「アサ芸シークレットVol.41」では、女優、女子アナ、タレント、スポーツ選手などの知られざる大きな胸を徹底リサーチの末、60人を選出。ページをめくるたびに、胸が躍るような興奮が味わえるはずだ。

http://i.anisen.tv/faeuoaeo/
http://faeuoaeo.mori8.jp
http://faeuoaeo.i-mito.com

女子アナの安全も心配 TV各局が恐れる「リオ五輪」の地獄

現地5日(日本時間6日)に開会式を迎える、リオデジャネイロ五輪。日本の各テレビ局は4年に1度の「お祭り」を直前に控え、沸きに沸いているかと思いきや、なぜか局内は静まり返っているという。ある民放のスポーツ局関係者は「こんなことは、過去に例がないですよ」と言って、こう続ける。

「現地では、選手や日本人が強盗に遭ったとか、事件のニュースばかりでしょ。とてもじゃないですが、今のリオは五輪を開催できるような状態ではない。開会式が目前に控えているというのに、みんな現地行きを嫌がり始めた。ある局は、誰もがリオ行きを嫌がるため、仕方なくくじ引きで担当者を決めたそうです」

 選手のみならず各局スタッフ、幹部らを震え上がらせたのは、6月17日に発令されたブラジル・リオデジャネイロ州の非常事態宣言だ。この期に及んで、深刻な財政危機を理由にリオデジャネイロ市の治安や交通といった公共サービスに責任が果たせないと開き直ったのだ。

 先月には、凶悪犯罪増加による命の危険と給料の遅配に悩まされるリオ警察と消防士の労働組合が国際空港ロビーで「welcome to hell(地獄へようこそ)」という横断幕を掲げ、世界中のメディアに取り上げられた。結果、各テレビ局の五輪中継スタッフは自分たちで安全を確保するしか手段がなくなったのだ。

「だから、現地で武装した警備員を雇うしか方法がないのです。しかも、移動する手段は車しかない。制作費に余裕があるNHKは軍用装甲車をチャーターしたなんて話も出ています。民放局はバスを借りるのが関の山だし、女性スタッフも多いため苦労は尽きない。制作費削減のために連れてきた女子アナの身が心配ですよ」

 NHKに聞くと、「軍用装甲車をチャーターしたという事実はありません」との答えだったが、業界でそんな話が出るほどリオの治安が問題視されているということだろう。

■民放は完全な大赤字

 ジカ熱を媒介する蚊の対策にも四苦八苦だ。

「日本から蚊取り線香や虫よけスプレーなどを大量に持ち込んでも、果たして現地の蚊にどこまで効果があるのかはわからない。特に女性は、小頭症の子が生まれる恐れがあるため細心の注意が必要。ジカ熱を理由に日本男子ゴルフの松山英樹らが相次いで辞退した。女子アナや女性スタッフに万が一のことがあったら……と気が気ではありません」

 というわけでセキュリティーや宿、蚊対策などの出費でリオ五輪の制作費はどんどん膨らんでいるという。

「今回のリオ五輪の中継権はソチ五輪と合わせ日本のテレビ局の負担分は約360億円ともいわれている。NHKが6割以上を負担し、残りを民放で分担する。そこに制作費が上乗せとなるんですから、民放局は完全な大赤字ですね」

 選手も報道陣もリオから無事に帰ってこられるのだろうか……。

http://i.anisen.tv/faeuoaeo/
http://faeuoaeo.mori8.jp
http://faeuoaeo.i-mito.com

若槻千夏、芸能活動休止の理由告白「テレビが怖くて逃げた」

結婚・出産を経て昨年12月に4年ぶりに芸能界に復帰したタレントの若槻千夏(32)が、2日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『解決!ナイナイアンサー』(毎週火曜21:00~)に出演。芸能活動を休止した理由を明かした。

「家呑みあさこ」のコーナーに登場した若槻は、いとうあさこから芸能界に復帰しようと思った理由を聞かれ、「ずっとテレビはもう1回やりたいと思っていて。1回休んだ理由がテレビがちょっと怖くて休んだ」と答えた。

若槻は「当時クイズ番組とか多くてバカキャラみたいのがはやっていたから、求められることが多くて自分の器が満杯になっちゃって、何したらいいんだろうみたいな感じで」と当時の心境を吐露。「だからテレビが嫌いになって休んだ。テレビから逃げてたんです」と打ち明けた。

そして、「洋服やキャラクターをやったときに、『こういうのを作りたい』『こういうのをやりたい』って人に伝える、おしゃべりするのが結局仕事だった自分がいて、もう1回テレビをやりたいと思った」と説明。「戻ったときにテレビがめっちゃ楽しめたんです。今はすごい楽しい」と晴れやかな表情で語った。

http://www.cakepia.info/blog/faopeuoar/
http://blog.eigyo.co.jp/faopeuoar/
http://i.anisen.tv/faopeuoar/